学校法人敬陽学園
鞠生幼稚園  

山口県防府市

生徒定員数:260名 職員数:39名

導入機種WS-S1000 × 1台
設置場所施設入口に設置
使用方法 37.5度以上の発熱者をスクリーニング、発熱検知の際は別途検温

 新型コロナウィルス流行から園児を守りながら、幼稚園での集団生活をどう成立させるか、日々不安を抱えていた鞠生幼稚園。一番の懸念事項が、園児たちの朝の体温チェックであった。保護者に協力を仰ぎながら毎朝園児へ厳重な発熱チェックを行っていたが、検温してから登園するまでの間に発熱する可能性や、送迎に関わる保護者・様々な来園者の検温への負担など、職員は安全面での不安を感じ始めていた。そんななか、弊社サーモグラフィの提案を受けデモンストレーションを実施、運用の運びとなった。

 

 元気いっぱいに見えても、実際は発熱していることもある幼い子供たちにいかにスムーズに検温できるかが導入へのポイントだったが、設置されたサーモグラフィの前を通過するだけでタイムラグなく検温できることがわかり、即座に導入を決定。施設入口で「自然に」「スピーディーに」健康チェックを行う、新しい時代の「見守り体制」を整えることに成功した。さらに施設入口に設置することで、園児たちはもちろん保護者の方も併せて検温を行うことができるため、各家族での体調管理にも役立てることが可能となり、非常に好評であるという。

 

 現在私たちは、目に見えない敵に対し、模索しながら戦い続けざるを得ない状況にある。この状況のなかで子供たちを守りながら、通常時と変わらずのびのびと生活ができるよう、体制を整えていくことができるのは職員・保護者を含む大人たちの力に他ならない。今後も続いていくこの生活様式に、少しでもストレス軽減となるような持続的なサポートができるよう、職員・保護者の方々の意見に寄り添いながら、より最適な運用方法を提案していく。