新型コロナウィルスになんか負けない

高感度サーモグラフィカメラを活用した体表温感知システムで
エントランスでの異常発熱者を効率的にスクリーニング

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、オフィスビルをはじめ、学校、駅、イベント会場など、様々な場所では、感染者のスクリーニングが求められています。
しかし、新型コロナウイルス感染者を外見的に発見することは不可能です。
そこで、注目を集めているのが、赤外線カメラによる異常発熱者のスクリーニングです。
弊社では、高精細チップを内蔵し、複数の対象を瞬時に感知できる、高感度サーモグラフィカメラで、安心で、スムースなエントランスオペレーションを提供します。

  • スクリーニングモニター
  • スクリーニング通行中

弊社では用途に合わせた3種類サーモグラフィカメラをご準備しております。
画像処理チップの違いによる同時感知精度が異なりますので、お使いになる状況でご提案させて頂いております。

オフィスビルをはじめ、学校、駅、イベント会場などでは、限定した1つのエントランスでの集中管理という状況は稀で、複数のエントランスを同時に監視することが一般的であると言えます。
弊社の制御ソフト「WISE THERMO CONTROLLER 1.0」を活用した管理システムでは、処理能力が異なる複数のサーモグラフィカメラを組み合わせることで、同時監視を実現することができます。

新しい生活様式に欠かせない、安心安全を演出する、そしてコストパフォーマンスに優れた弊社サーモグラフィカメラは幅広い分野でご利用頂いております。
医療機関、教育分野、博物館・美術館等、導入事例をご確認ください。

  • ■共通注意書
  • ・本装置で測定されるのは、「体の表面温度(体表温)」であり一般的な体温計で測られる「体温」の値とは異なります。
  • ・本製品は人体がウィルスに感染しているかどうか判別する機器ではありません。
  • ・体表温は計測時や計測前の環境条件、被測定者の状態等により変動します。
  • ・本装置によるスクリーニングで発熱の疑いが出た場合は、体温計での再検温をお勧めします。
  • ・発熱が確認された場合、別途医師による診察が必要です。
  • ・本装置は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
  • ・本装置を用いた診断などの医療行為にはご利用頂けません。